NEWS新着情報

㈱高橋商店におじゃましてきました

みなさま、こんにちは。

小豆島の京宝亭です。

 

先日、京宝亭で大人気の、

や、

や、

を作って頂いております、㈱高橋商店におじゃまし、見学をさせて頂きました。

商品を取り扱うということ。それは、その商品のPR大使になるということ。

そのためには、商品の勉強は欠かせません。

ということで、やってきました、高橋商店!黒ずんだ壁板が歴史を感じさせます。

 

工場に入る前に、まずについたホコリを取ります。

一回使ったら、一段下げるんですって。これで何回目か、なるほど分かりやすい(@_@)

もとはもろみ蔵として使われていた、倉庫の屋根。

㈱島醸さんから仕入れた生揚醤油(きあげしょうゆ)。

島醸さんは、もとは島の醤油屋さんが資金を出し合って立ち上げた醤油会社。

ここから生揚醤油を仕入れ、各社独特の仕上げが施され、

それぞれのお醤油屋さんの味ができるのです。

仕入れた生揚醤油(きあげしょうゆ)の貯蔵タンク。

瓶詰めをされております。

ガーリックオリーブオイルを作る場所。商品はコレです。↓

続いてぬか漬けの素の製造場所へ。

高橋社長です。見学の付き添いとお話、大変お世話になりました!

社長直筆の理念。

キレイで整いすぎたパソコンからの印字よりも、社長直々の、人情味あふれる熱い想いを感じます。

歴史的なお宝も見せて頂きました。高橋商店の全景写真です。大正9年当時のもの。

写真下は、通りを挟んで海だったそうです!

そして、今の馬場公園(写真右側)には、こんなに木が植わっていたとは。

 

立派な肖像画も。

現高橋社長の祖父にあたる方で、四代目社長の永蔵様だそうです。

「蔵」の字がいかにも醤油屋さんらしい。

 

そして最後に、高橋商店の「高橋」でピンときませんか?

 

そう、高橋現社長は、小豆島醤油を初めて島外に売り出した「高橋文右衛門」様の末裔なのです!

 

勉強になりました。

これからも末永く思いやりの味を作り続けてください!

私たちも心を込めてお客様に届けます!

 

今回は大変お世話になりました。

 

 

 

 

 

高橋商店公式HPはコチラから↓

https://www.shodoshima-yamamo.com/